女性研究者支援

ワークライフバランスやニーズに配慮した女性研究者の研究支援を行います。

研究支援員制度

出産・育児や介護期にある女性研究者等の研究活動を支援するため、大学院生等を研究支援員として配置することによって、ライフイベント期における研究活動の継続・進展を図る制度です。

利用資格

本学の常勤研究者であって、以下に掲げるいずれかの項目を満たしている方。

  1. 妊娠中の女性研究者、または妊娠中の配偶者(研究職に限る)を有する男性研究者
  2. 女性研究者、または配偶者(研究職に限る)を有する男性研究者で、小学校6年生までの子を養育中の方
  3. 女性研究者、または配偶者(研究職に限る)を有する男性研究者で、市区町村から要介護の認定を受けている親族(同居、別居は問わない)を介護している方
  4. その他、上記に準ずる理由により研究活動を行う時間が確保できない方

研究支援員の業務内容

  • 研究者の実験・調査の補助、データの入力・分析、学会資料や報告書類の作成、その他研究業務についての補助。
  • 研究支援員は、研究者の指示に従って業務を行います。

研究支援員対象者

  • 大学院博士前期課程修了者、大学院博士後期課程修了者
  • 大学院生又は学部学生
  • 大学、研究機関等において、相当期間、研究活動に従事している又はしていた者

研究支援員の雇用条件

  • 週の勤務時間数は募集時に学内事務情報ポータルにてお知らせします。
  • 給 与:時給 1,000円~1,400円

申請期間

  • 随 時

利用申請

研究支援員制度利用募集案内は募集時に学内事務情報ポータルにてお知らせします。

提出書類
・研究支援員制度利用申請書(様式1) (PDFWord
・研究支援員候補者の履歴書(様式自由、本人自署)
・各種証明書(母子手帳、住民票、介護保険被保険者証など)の写し

利用報告書の提出

研究支援員の利用終了後には、研究支援員制度利用実績報告書および研究支援員活動報告書に必要事項を記入のうえ、ご提出ください。

提出書類
・研究支援員制度利用実績報告書(様式2) (PDFWord
・研究支援員活動報告書(様式3) (PDFWord

ページトップに戻る

利用者の声

平成24年度からスタートした本制度の利用者には、利用期間終了後、支援内容や支援の効果などをご報告いただいています。その利用者の声を一部紹介します。

  • 利用教員の声
  • 子育て中で研究に割ける時間が限られる中、支援員の配置で効率的に研究を進めることができた。
  • 研究資料の整理及び文献調査などの業務を行ってもらい、子育てをしながらも研究が捗った。
  • 支援員の補助のおかげで、論文の執筆やシンポジウムを滞りなく実施できた。
  • 時間のない夕方に、実験やデータ分析等の補助をしてもらい、大変助かった。
  • 支援員の配置によって、業務を効率的に遂行でき、研究・教育活動に時間を使うことが可能になった。
  • 子育て中で時間がない中、時間と労力を要する基礎研究を効率的に進めることができた。
  • 支援員(院生等)の声
  • 研究結果だけではなく、調査や分析の進め方、経過についても知ることができ、研究について深く理解できるようになった。
  • 支援員の仕事を通じて、担当以外の分野にも触れる機会ができ、自分の研究方法に役だった。
  • 学業に役立つだけではなく、社会人としての基本、時間管理、自己管理の意識を身につけることができた。
  • 女性も男性と同じように仕事を持ち、また男性も家庭への参加が増えてきている今、両立されている先生を身近で見ることができて、いい経験になった。
  • 将来教員を目指しているため、実際の授業に関わる仕事ができ、トレーニングになっている。スキル向上にもつながった。

ページトップに戻る