育児・介護支援

ベビーシッター育児支援割引券

本学では、仕事と育児の両立を支援するため、国(内閣府)から委託を受けた公益社団法人全国保育サービス協会が行っている「ベビーシッター育児支援事業」によるベビーシッター費用の一部補助を行っています。

利用対象者 本学に勤務する教職員
(非常勤職員は本学の社会保険加入者に限ります。)
対象となる乳幼児等 0歳~小学校3年生の乳幼児・児童
その他健全育成上の世話を必要とする小学校6年生までの児童
利用条件 仕事のための家庭内における保育(家庭以外での利用は不可)
保育所等への送迎
原則2時間以上の利用が対象
割引内容 1日あたり2,200円
(1家庭1日1枚・1回2,200円以上のサービスが対象)
利用できるベビーシッター事業者
(割引券取扱事業者)
公益社団法人全国保育サービス協会ホームページからご確認ください。
利用方法 割引券の発行・利用には、事前の利用申し込みが必要です。
詳細は下記までお問い合わせください。
問合せ KIT男女共同参画推進センター(内線7757)

ご利用にあたっての注意事項

  • 利用のたびに割引券が必要になります。
  • ベビーシッター会社との契約(登録)がお済みになってから申請してください。(初回申請時には、契約書(登録書)の控えが必要です。)
  • サービス利用時に、割引券をベビーシッターに提示することで、割引が適用されます。
  • 割引券の使用できる枚数は、1日につき1家庭1枚ですが、1か月に24枚まで、 1年間に280枚までです。
  • ご利用いただけるのは当該年度末(3月31日)までです。割引券の必要がなくなった場合、または年度末にご利用になっていない割引券は、必ずご返却ください。
  • 利用終了後、ベビーシッターから「割引券使用報告用半券」を受け取り、提出してください。
  • 割引券は他人に貸与又は譲渡はできません。

ページトップに戻る